Guitarist 六嶋啓太のblog

関西を中心にギタリストとして活動中。 Blogでは気になる事を中心に書いてます。レッスンもやってます。お問合せは→12345rockn.guitar@gmail.comまで

D'Addario MS MICRO CLIP FREE TUNER 導入してみた。

少し前に発売されて一部では話題になってたD'Addarioの新作チューナーを購入してみました。  

f:id:rockn-guitar:20180620155346j:image 

 

最近チューナーというとクリップ式のものが主流ですが、こちらはなんとギターのペグと一緒に本体にねじ止めしてしまうというもの。 

 

箱を開けると

f:id:rockn-guitar:20180620155628j:image 

↑本体とネジ、ネジ止めする部品が入ってました。 

 

早速ペグのネジを外して取り付けます。

f:id:rockn-guitar:20180620155801j:image 

ネットのレビューには付属のネジが脆く折れやすいと書いてあったのでペグのネジをそのまま使い取り付け。

 

f:id:rockn-guitar:20180620155914j:image 

 

あとは本体を穴にはめて固定したら完成です。 

電池切れの際はワンタッチで取り外せるので簡単に交換できます!

 

取り付け完了図↓ 

 

f:id:rockn-guitar:20180620160049j:image  

 

 表からは見えないです。

f:id:rockn-guitar:20180620160128j:image  

 ペグの高さより少し高いくらいで収まってるのでケースへの収納も問題ありません^_^  

 

プレイヤー目線

f:id:rockn-guitar:20180620160218j:image 

 

早速チューニングしてみましたが、チューニングの反応も良好。

 

こういうのは便利を求め過ぎるのはどうかと思うのですが、取り外し式のチューナーを無くしたり、無くしたり、壊したり。。笑  

としてきた身からするとギターと一体化してくれることでそこに常に「ある」という安心感は素晴らしいです。 

とは言え最終的には耳が大事なのは言うまでもありませんが。。(^-^;

 

SG strings Acoustic レビュー

エレキ、アコギどちらも弦はずーっとDaddarioを使ってきているのですが、最近はアコギの方はブラジルのメーカーが開発したSG(Sound Generation)ストリングスを使ってます。

 

 f:id:rockn-guitar:20180526084143j:image 

 

以下music player rader blog 引用 

【 セパルトゥラやテラノバルディオのバンド・メンバーや、ジョアン・カスティーリョといったブラジルのミュージシャンからの助言を元に開発されたギター弦である。

 高い精度で仕上げられた六角芯線を使用し、これまでにない滑らかな手触りとテンション感を生み出している。】 

 

との事ですが。。

 

実は初めて購入後弦を替えて弾いてみた時の感触ははあまり良くなかったのです笑  

 なんだか安いギターに弦を張った時の手触りのような。。何とも言えない感覚でした(^-^;  

 

しかし、その後3日連続の野外ライブなど弦にとってはなかなかに過酷な環境を含む演奏をこなす中で印象は好転!

 

まず何より、ある程度酷使してもチューニングも含めて安定したトーンを維持してくれます。  

最初はギラギラしててもすぐにダメになる弦も多い中最初抑えめで、でもそれが長く持続してくれるような感覚ですね!     

持続という面ではコーティング弦に勝るものは無いのかもしれませんが、コーティングの感覚に馴染めない僕からすると凄くありがたい存在です。 

 

独特の強い目のテンション感になれるまで少し時間がかかるかもしれませんが、品質、音、さらにお手頃な価格なのでオススメ出来る弦です^ ^

  

近々エレキ用も試してみようと思いますm(__)m

滋賀県 大津でシェアサイクル ofoを利用してみた。

昨日は久しぶりのオフだったので 趣味のバス釣りの為滋賀県は琵琶湖へ!

 いつもは自宅〜電車で滋賀県まで行ってそこからは湖まで約10分ほどかけて徒歩で移動し、 

湖に到着したら投げては移動を繰り返します。

 

ちなみに釣りというと一般的にはどこかに陣取ってひたすらアタリが来るまで待つイメージかと思いますが、バス釣りの場合は広い湖岸に点在するポイントを歩いて移動しては釣りをするスタイルなのでそこそこ運動になりますよ笑  

 

 

昨日もいつもの如く駅から湖に向かっていると。。

 

!?

 

 

 f:id:rockn-guitar:20180528085528j:image 

 

 

なんと途中の道でシェアサイクルなるものを発見! 

世界ではシェア上位のofoというサービスなのですが、調べてみると日本では2018年に導入スタートの新サービスで、まだまだ普及してなくて関西だと滋賀県大津市和歌山県和歌山市にもあるようです。

 

その場には完全に無人なので注意書きを読んで見ると、よくある手続きや登録に時間がかかるタイプかと思いきや、「今すぐ乗れます」との事だったので早速利用してみる事に。

 

その場でアプリをダウンロードして電話番号&メールアドレスの記入のみという簡単な会員登録で完了。 (実際に支払いが発生する場合はクレジット登録が必要です。)  

そしてアプリを起動して、置いてある自転車の後輪部分に付いてるQRコードを読み込むと。。。

 

 

解除してくれます!笑 

 

本当にたったこれだけなんです!

しかも昨日は初回利用だったのでお試し価格で0円!  

これは乗るしかありませんね笑

 

普段は100円/30分の料金設定だそうで、ある程度長時間利用する場合は500円/1日もありました。

 

こんな感じで

f:id:rockn-guitar:20180528090906j:image 

 湖岸を移動して釣りしました。

f:id:rockn-guitar:20180528090936j:image 

 

 

 利用後、返す時は同じくofoのレンタルポート(駐輪場)だったらどこでもOKで  

駐輪→施錠→アプリで利用終了報告。で終わりと超お手軽!    

しかも、大津市だけで66箇所もレンタルポートがあるらしくちょっとありすぎな位で返す場所に困る事は無かったです(^-^;

 

ちなみに普段は約1キロほどの範囲内でしか移動出来ない所を昨日はなんと!?

  

f:id:rockn-guitar:20180528091922j:image  

 

71.44km w  

利用時間は間違えてないんですが、さすがに71kmは無いような。。(^-^; 

(7144mだったらおかしくないんですが。。。)

 

自転車にGPSが搭載されているので常にどこにいてるかは監視されてるのですが、これは流石に無い気がします笑    

もしかしたらこまめに移動&停車を繰り返すからおかしくなったのかも。。、 

 

とはいえ、やはり湖岸を自転車で走るというのは本当に気持ち良くて、特にちょうど良い今の時期は最高です!

釣竿持たずにサイクリング目的もアリだなぁと思ったので、次からも色々と利用しようと思ってます^_^  

 

ちなみに先日香川県を訪れた際にも宿から会場への移動にとシェアサイクルを利用したのですが、車だと気づけない街の景観に触れることが出来て特に初めて訪れる場所なら気軽に利用出来て小回りがきくレンタサイクルはオススメですね。 

   

 

あっ、釣りの画像がないという事は要するにそういう事です。。(^-^;

 

アコギのピックアップを考える【LR baggs LYRIC 編】

しれっとウチのギタースタンドに仲間入りしている コイツ  

 f:id:rockn-guitar:20180517172938j:image

1980年製のGuidのD-40 CT 

80年というとついこの間の事のような気がするが、これでも40年近く前に作られたギターなんですね^^;  

 

こいつはピックアップ付きの状態で購入したの ものの、もともと付いてたやつが気に入らなかったので気になっていたLR baggs のLYRICを搭載してみました。  

f:id:rockn-guitar:20180508231736j:image  

 以下引用 

【<LYRICとは?>
LYRICはマイクでしか得られないあの空気感を求めるアコースティックギタープレーヤーの為に開発されたマイクのみのシステム。そのマイクはAnthemと同じパテントのTru-Micを使用していますが、ANTHEMに使われているものとは若干違う特製のものを使用しています。LYRIC用のTru-Mic のみで捉えた音は、リアルなアコースティックサウンドに変換するL.R.Baggs のノウハウを集大成した特殊コンプレッサーを内蔵したプリアンプ(パテント申請中)とのコンビネーションで、外部マイクでの集音と全く遜色ない、驚くべきダイナミクスと繊細さを備えたアコースティックサウンドを実現しました】

 

 

特筆すべきはマイクをブリッジ裏に貼り付けるだけという取り付けの簡単さ。 

  もともとピックアップが着いてたモノなのでおしりのピンの所の加工も必要なかった為、早速自分でLYRIC取り付けてみました。 

 

取り付けしたサウンドは↓↓な感じです。  

 

www.youtube.com

 

これはギター〜シールド〜インターフェース直の音ですがかなり良い感じではないでしょうか??

何となくで取り付けたマイク位置なのでもう少し調整すればもっと良くなる気がしてます!   

 

サウンドホールにボリューム&プレゼンスコントローラを取り付け(両面テープで)るので操作性もバッチリ、D.I直挿しでも出力の大きさも問題ありません。

 

 

さて、取り付け完了後に何回かライブで使ってみた感想ですが。。。

 

この手軽なシステムで生のアコギの空気感まで再現してくれるところは本当に素晴らしい。 

その楽器の鳴りを捉えた空気感やサウンドはCAFEやBARといった小さなお店でアコースティックなサウンドで演奏するのがメインの方には最適だと思います。  

コスパやDI直でもいけるという身軽さからしても弾き語りの方にはかなりオススメですね^ ^

ボリュームコントロールがあるのでチューニング時も手元でボリュームオフ出来ますよ!

 

 

しかし!!

 

実は次のピックアップが手に入ったらこのギターからLYRICを外そうかと思ってます(^-^;  

理由は自分の活動の場には合わないと感じたからです。 

ありがたい事に様々な場で演奏させてもらえる機会があるのですが、例えば上記のCAFEやBARの静かな場面での演奏ではLYRICは抜群の効果を発揮してくれるのですが、逆に少し編成が増えたり、会場が大きくなったり、野外で簡易PAなどのあまり環境が良くなかったり。。といった場面ではその「生っぽさ」というのが仇となる場合もあるのです。 

 語弊があるかもしれません空気感があるという事はスピーカーからの出音が少し遠くなる感じとも言えるので、そこに、他の楽器が混じる事によって

よりモニタリングしにくくなる→音量上げる→ハウリング

という悪循環に陥る可能性も高くなってしまいます。

 

こういう時にマイクとピエゾの2つのピックアップを搭載していると物凄く便利でその場その場で微妙に調整をする事で様々な環境に対応出来て便利です。

あとはソロの時の音の抜けもやはりピエゾやマグネット系の音は強いですね!

 

もしくは 先日のブログ

rockn-guitar.hatenablog.com

 で書いたAURAようなシュミレーター系のプリアンプでの空気感の調整も便利ですね。

この場合は逆にギターの弦振動のみを余す事なく拾えるピエゾ系のピックアップで拾ってシュミレートしてあげた方が良い結果になると思います。

 

昔はただ「生音っぽい」という評判の機種ばかりを追いかけていましたが、使用環境によっては一概にそれだけが全てでは無いんですよね(^-^; 

この辺りがアコギをライブで使う際に難しいところ。。

なやみどころですが、このguildは幅広い場所で使用していきたいと思っているのでLYRICを他のギターに譲って載せ替えることになりそうです!

でも結局一生悩むことになるんだろうなぁw

 

ちなみに今のところ同じlrbaggsのANTHEM辺りが良いんじゃなかろうか。。とか考えてます笑

 

 

 

思いの外に充実したGWを過ごす事が出来ました【後半】

GW後半5月3日〜5月6日は。。

 

急遽立ち上がった小関ミオPV制作プロジェクトの為にほぼ全ての日程神戸滞在でした。

 

 f:id:rockn-guitar:20180517112417j:image 

 

f:id:rockn-guitar:20180517112548j:image 

 

こんな感じでご本人に縁のある神戸ゆかりの地を訪れて撮影。   

自分達でやったとはいえ本格的な撮影が初めてだったので色々発見もあり、勉強になりました!  

 

そんなMV撮影その他の作業で過ぎたGW後半でしたが、そんな中を縫ってライブ観戦は欠かさず行ってきました!

 

Mitch All stars@三宮corazon 

f:id:rockn-guitar:20180517135904j:image 

 

Yosuke Onuma trio@高槻JAZZストリート 

f:id:rockn-guitar:20180517140044j:image 

 

そしてなんとアイドルライブも笑

KissBeeWESTなんばハッチ

f:id:rockn-guitar:20180517140153j:image 

こちらはステージ上のバンド含め友人、知人が沢山関わるステージだったのです。   

 

 

というわけで始まるまでは暇だと思ってたら意外と楽しいGWを過ごせました(^^)

思いの外に充実したGWを過ごす事が出来ました【前半】

 

仕事がら世間的な曜日感覚と少しズレた生活なので、いつからいつまでがGWなのかハッキリ分かってないのですが。。

今年のGWは結果的になんだか充実してました笑 

 

まずは GW前日4月27日は  

兵庫県加東市にあるお店風見鶏の5周年partyに呼んで頂いて小関ミオさんとのライブ。

f:id:rockn-guitar:20180507110927j:image 

 

f:id:rockn-guitar:20180507111022j:image 

 

昼夜二回公演でしたが、幅広い年齢層の方と楽しく演奏させてもらえました! 

 

この日はお店の方の計らいで風見鶏近くにあるお好み焼き、明石焼きのお店 寛美さんで昼ごはんを頂くことに。

f:id:rockn-guitar:20180507111157j:image 

なんと明石焼きを自分で焼いて食べられる珍しいスタイルのお店でした^_^  

皆んなで名物ママさんに怒られながら(笑)楽しく焼いて食べた明石焼きは最高です!

 

 

4月28日は またまた小関ミオさんと兵庫県湊川で月一回開催される手仕事市 でのライブ。

f:id:rockn-guitar:20180507111625j:image 

天気も良くて開放的な場での演奏気持ちよかったなぁ〜!

散歩に来てたワンちゃんもライブに飛び入り?! 

 

4月29日はまたまたまた笑 小関ミオさんと姫路ダブルキングカフェにて お世話になってるマハロさん、メリーさんの企画したライブに出演させてもらいました!

f:id:rockn-guitar:20180507134133j:image 

FUNKやROCKのバンドの中でのシャンソンはアンニュイな感じがこれまた面白かったです(^^) 

 

そして30日は 去年活動の幅を広げるキッカケを作ってくれた方の結婚party 

勿論演奏ありで

f:id:rockn-guitar:20180507134431j:image 

すいません、演奏前から既に酔ってます笑   

機材の関係でサイレントギターで行ってみましたが、なかなか良い感触でした(^^)   

 

そして夜は滋賀県に移動して 2、3ヶ月に一回お世話になってる浜大津のどない屋さんにて 馴染みのメンバーとのライブ。

これもなかなかに盛り上がって終了〜!

f:id:rockn-guitar:20180507134801j:image 

 

f:id:rockn-guitar:20180507134821j:image 

 

 

5月1、2日は平日だったので通常のレッスン業務を。。

 

5月3日〜5月6日の4日間はもともとスケジュールは白紙だったので趣味の釣りでも。。と思っていたのですが。。。 

 

 後半戦↓

 http://rockn-guitar.hatenablog.com/entry/2018/05/17/140552

 

 

 

「地下鉄のギタリスト/土門秀明」を読んで。

イギリスで約10年間、公認バスカーとして活動されてたギタリスト土門秀明さん著 「地下鉄のギタリスト」を読みました!

 

バスカーとは。。。

海外では路上で演奏や、芸をする事をバスキングといい、それをする人の事をバスカーと呼ぶそうです。  公認バスカーとは地下鉄の駅中など決められた場所でバスキングする許可を得たバスカーの事で本の中ではイギリスだけで500人ほどいると書かれてます。 そんな中土門さんは数人しかいない日本人公認バスカーとしてイギリスで約10年間活動されていたそうです。

 

本の内容としては日記形式で、バスキングの日々の中で出会った人々や、著者自身に起こったエピソードが沢山載っているという感じ。

 

収入は街行く人のチップ頼み、公的に管理されているからこそ場所は先着順、予約制のバスキング。  

場所によって、季節、天候によって、人通りに大きく差があり収入が大きく変わるという、まさにその日暮らしの生活。。。

 勿論、時間にも決まりがあるのでダラダラとやり続けるわけにもいかず、基本的に一日 二時間×2セット。    

普通の労働の感覚ならたったの4時間?と思う方もいてるかもしれませんが、空調も無い地下鉄の路上で極端に寒かったり暑かったりの中集中して演奏し続けるのはかなり厳しいと思います。

そんな日々を過ごす筆者の数々のエピソードからは ミュージシャンとは? 音楽で生きるとは? など沢山考えさせられる事ばかりです。。     

 

 

地下鉄のバスキング中に録音したLIVE CDも出されてます↓

 

f:id:rockn-guitar:20180428002325j:image 

 

これまたジャケットの写真が素敵ですね(^^)    

肝心のサウンドはまさにバスキングの現場をそのままパッケージした音。

ギターアンプの前に置かれたであろうレコーダーには混じり気のない素のギターの音と、行き交う人々の雑踏、駅のアナウンス、たまに入るチップのチャリン♪という小銭の音がそのまま記録されています。     

 

レコーディングスタジオでの録音ではないので、オーディオ的なノイズが無くて完璧な良い音では無いのですが、目を閉じて聴いていると実際にロンドンの地下鉄にいるような気分を味わえるそんな素晴らしいアルバムです。

個人的には心に響く音色とはこういう音だと信じています。

 

他にも土門さんがYouTubeにあげている動画には実際のバスキング映像や

www.youtube.com

 

地下鉄から場所を変えてこんな素敵なものもあります

 

www.youtube.com

 

どうしてもテクニックに走りがちなインストというジャンルですが、なるべくシンプルにメロディを伝える土門さんの演奏は本当に魅力的です。

土門さんは現在帰国されているようなので、是非生で演奏見に行きたいなぁと思いますm(_ _)m