読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Guitarist 六嶋啓太のblog

関西を中心にギタリストとして活動中。 Blogでは気になる事を中心に書いてます。レッスンもやってます。お問合せは→12345rockn.guitar@gmail.comまで

airdrop を使った新手のイタズラ??(閲覧注意)

Bluetooth等を経由する事でアドレスを取得しなくても素早く大容量のファイルを送れるので便利なAirdropですが、今日は見知らぬ方からのイタズラに使用されました(^^;)


今日電車に乗っていて、携帯を見ていたら急に↓↓の画像がAirdrop経由で届きました。
f:id:rockn-guitar:20170220213541p:image

しかも続けて二回も笑 
(もちろん受け取りは拒否してますよ(^^;) )

調べたところAirdropは約10メートル範囲でのデータやりとり可能だそうでまぁ相手は同じ車内でしょう。

最初は向かいに座ってた女性3人組がグループ内でイタズラしてたのが間違えて僕のとこに来たのかなとおもってしばらく様子を見ましたがどうも違う感じ。

どうやら本当にしょうもないことをする馬鹿な人ががいるようです(^^;)  
(一応アカウント名は隠してますが。。)

車内を見渡して携帯をいじってたのがその3人組と別であと1人の女性だけだったので恐らくその人っぽいのですが、詰め寄っても証拠もないので無視するしかありませんm(_ _)m 
中学生ぐらいの子がやるならまだ可愛いものですが、大人。。  
もうちょっと面白いこと考えられないかな。。笑

普段Airdropはたまに使うぐらいでよくオフにし忘れるのですがまさかこんな悪用のされ方するとは思いませんでした(^^;) 
今後はこまめにオフにするよう気をつけようと思います!

皆さんも不特定多数が居合わせる場ではお気をつけ下さいm(_ _)m


コトノlive@愛媛Jeandore

先日の徳島に続き、またまたご縁あって今度は四国は愛媛へ行ってきました〜!

今回は 専門学校の後輩でもあり、現在は愛媛を中心に活動中のコトノちゃんのワンマンライブへのゲスト出演(恐れ多くも笑)です。 
f:id:rockn-guitar:20170218084539p:image 

実際会うのは五年ぶりぐらいなのですが、前作のアルバムにギターで参加させてもらったことから今回の共演が実現しました! 

というわけで今回は大阪駅発のバスで向かいます
f:id:rockn-guitar:20170218084654j:image 

淡路島を通り
f:id:rockn-guitar:20170218084746j:image 

ファミマ改め(笑)淡路島のPAを経由
f:id:rockn-guitar:20170218084821j:image

 二度目の休憩は徳島吉野川PA
f:id:rockn-guitar:20170218174933j:image

 そして今回の目的地愛媛の新居浜駅に到着
f:id:rockn-guitar:20170218085414j:image 

駅前のセブンイレブンに寄ったらこんなものが売ってました笑
f:id:rockn-guitar:20170218085553j:image 
流石みかんの国ですね^_^  

もちろんこれも!
f:id:rockn-guitar:20170218085808j:image 


そして今回の会場JEANDOREに到着
f:id:rockn-guitar:20170218085842j:image 

物販
f:id:rockn-guitar:20170218085946j:image 

リハ中
f:id:rockn-guitar:20170218090015j:image 
 

今回の相棒ピアニストはこの方
f:id:rockn-guitar:20170218090639j:image 
河村佳希君   専門学校の同期で彼とも五年ぶりぐらいの再会でした^_^ 
普段は作曲&アレンジをメインにしているのですが、コトノちゃんの曲の大半は彼のアレンジ(作曲している曲も)なので今回はピアニストとして参加してます!  

というわけで本番
f:id:rockn-guitar:20170218091216j:image
 実際に会うのが五年ぶりということで当日リハのみでしたが、そこはそれぞれ素晴らしいミュージシャンなので良い感じで出来たかと思います^_^     
ちなみに途中、本人早着替えタイムがありその間は僕と河村君の饒舌なトークでつなぎました笑

コトノちゃん1人でのステージも満員のお客さんに見守られながら堂々としたステージングでカッコよかっなぁ!
f:id:rockn-guitar:20170218091332j:image 

終演後
f:id:rockn-guitar:20170218091241j:image  

ちなみに楽屋ケータリングで用意して頂いてたこのどら焼き  とてつもなく美味しかったです! 
f:id:rockn-guitar:20170218091649j:image 


そしてライブハウスのスタッフさんも含めて打ち上げは近くのお店にて 
f:id:rockn-guitar:20170218091842j:image 
料理は鍋が中心でしたがその他の一品物も含めて全部美味しかったです!!
コトノスタッフの皆さんもライブハウスのスタッフさんも皆さんほんとうに素敵な人ばかりで終始楽しい時間でした^_^  

そのまま一泊して、翌日の仕事に向けて早朝からバスにて出発!  起きれるかちょっとドキドキでしたが、何とか無事に出発できました笑

朝の伊予西条駅前
f:id:rockn-guitar:20170218141542j:image  

またうず潮ちゃんと見に言ってみたいなぁ〜
f:id:rockn-guitar:20170218141846j:image 



終わり





プラダンで簡易アンプケース作成!

f:id:rockn-guitar:20170212002528j:image 
先日修理から返ってきたMusicman RD50 
これからもガンガン使い倒してやろうとおもうのですが、流石に生身で運ぶわけにもいかずホームセンターで売ってるプラダンを使って簡易アンプケースを作成してみました!
 
プラダンとはプラスチック段ボールの略で↓↓
f:id:rockn-guitar:20170212002717j:image 
こういうやつです!   

ホームセンターなどでかなり安価で買えてかつ強度もなかなかなので結構色々な用途で使われてます!、
ネットで調べてても同じようにアンプケースに使ってる人も多いようですね^_^ 

作り方は簡単 
先ずは普通の段ボールでアンプに合わせて下地を作ります。 
f:id:rockn-guitar:20170212002952j:image 

f:id:rockn-guitar:20170212003037j:image 

そしてその周りを覆うサイズになるようにプラダンをカット
f:id:rockn-guitar:20170212003057j:image 

ガムテープを使って組み立てて完成 笑 
f:id:rockn-guitar:20170212003141j:image  

今回は衝撃を和らげる目的で隙間にプチプチを入れてみましたがこの辺りは色々と研究の余地がありそうです!

ちなみにアンプの取っ手部分に穴をあけておくと運搬にも便利ですm(_ _)m
f:id:rockn-guitar:20170212003212j:image 
勿論、上から被せる形でも良いかと思います!


実際に運搬する図(笑)
f:id:rockn-guitar:20170212003251j:image 

安価で(今回ので1000円かかってないです。)作れるので傷んだらまた作り直すつもりで使えますし、丁寧にやればある程度の強度も見込めるので興味のある方は是非作ってみてくださいm(_ _)m


STILL LIFE recording日記〜!

 少し前のことになりますが。。


いつも仲良くして頂いてる先輩&同期が2017年〜「STILL LIFE」というバンドをスタート。

メンバーは
gt.針生 和尊(Kazutaka Hariu)
ba.前田 洋二(Yoji Maeda)
ds.辻川 郷(Go Tsujikawa) 
というトリオ編成。
 
去年の末に偶然僕も居合わせた飲みの場で音源録ろうという話になりその場でレコーディング担当で参加決定(笑)  
 
年明け早々に某所にてレコーディングしました〜!  
 
自分の位置からの眺め
f:id:rockn-guitar:20170209234114j:image   
 
f:id:rockn-guitar:20170209235044j:image 
 
 
 
 
二曲録音したのですが、僕自身も慣れない作業の為マイクセッティングなど少し時間がかかりながら、音の方向性も確認しながらで初日は仮ギターとリズム録りのみで終了〜!   
1日で全部いけるかなと思ってましたが流石にそれは無理でした(^^;)     
 
ドラムは勿論マイク録音で、ベースはライン&アンプ録音。   ベースは意外にも保険と思ってたアンプが良かったなぁ。  
インターフェイスのチャンネル数が限られていたのでドラムの全てにマイクを立てるわけにもいかずミキサーを活用して何とかまとめる方法を試行錯誤してやってみました!
やはり本格的なドラム録音には最低でも8チャンネル以上ないとですね。。(^^;)(自分のは4チャンです笑)
 
今回レコーディングの録る方をやってみて 普段はヘッドホンをつける方で参加するわけなので客観的にバンドの音に触れるというのが凄く新鮮な感覚。
その道のプロには遠く及びませんが、とにかく出来る限り良い音で録りたいという一心でやってベストは尽くしたつもりです!  まぁ、反省点は多々ありますが(^^;)   
 
 
そして2日目は僕にとっても勝手の分かるギターレコーディング。
アンプは針生さん持ち込みのBlues Junior 
 
実はアンビエント用にとマイク二本体制で臨んだのですが、結局mix時最終的に使ったのは男のSM57一本のみになりました笑 
f:id:rockn-guitar:20170209235357j:image
 
使用ギターは  針生さん愛用のSugi製のguitar 

f:id:rockn-guitar:20170209235144j:image 

 
今回二曲前もってデモを聞いているわけですが、サウンドがそれぞれシャキッとしたフュージョン系と野太いブルース系のサウンドが合いそうな印象。
さて、これをBlues Junior一台でどう対応するかということですが、今回はアンプに色付け&プッシュをする為にペダルを活用してみました! 
 
先ずはフュージョン系のほうですが、僕の勝手なイメージで「クランチにしたマーシャルでギター側のボリュームを落として作ったシャキッとクリーン」というイメージでこちらでもってきていた&K labolatoryの雷神を使用。 
こちらのペダルは普通に使うとマーシャル系のサウンドで結構な歪みまで対応出来るのですが、実はゲインを限りなく下げてプリアンプ的に使うと上記のようなパワーのあるシャキッとしたクリーンも作れる優れもの。 というわけでこちらが採用になりサクサクっと録音が進みました^_^    我ながら良い音提案出来たかなと思ってます笑
ソロ部分では針生さん自前のブースターも使って少しサウンドに幅を出しました。
 
 
そしてもう一曲は。。
ストラトのフロントピックアップでレイボーン的なやつが絶対合うだろうなぁという曲(笑)
だったのですが、今回使用するのはSugi&Blues Junior  なのでこちらもペダルで味付け。
これまた僕の持ってきてたCE Pedal FET Dream を使用。
いわゆるダンブル系のやつですが、ハイエンドタイプのSugiに良い意味で野太さが加わりこちらも良い感じで録音出来ました!
 
どちらの曲もペダルの前段にはBambasic のバッファー通してます!
 
今回使用の機材達↓↓
 
f:id:rockn-guitar:20170210002648j:image

 
 
今の所フュージョン系と言っていた方だけ公開されているのですが、上記の裏話も踏まえて聞いてもらうと面白いかもしれません↓↓
 

まさにKENJI SHOCK 「大村憲司のギターが聞こえる」

以前から好きなギタリストの1人で過去の音源を色々と聴き漁っていた大村憲司さんのこんな本が出たので購入しました!
f:id:rockn-guitar:20170205094819j:image 
 
もう亡くなられてから20年近くの歳月が流れ、過去の人というか知らない世代も増えてしまったわけですが、日本に音楽史というものがあるとすれば必ずや外すわけにはいけない存在だと思います。 

さて、肝心の内容の方は。。。
この手の本は発売日までは期待させられていざ手に入れてみると結構な割合で過去の雑誌の総集編に少しオマケが付いたぐらいでガッカリさせられることも多いのです(^^;) 

しかし、この本は違いました!!
 
過去の雑誌のインタビュー、コラムを集めていたり、機材の紹介があったり、関係者のインタビューがあったりは勿論なのですが(これだけでも僕のような後追い世代には貴重ですね)  
なかでも個人的に特に感銘を受けたのは本人がノートに書き溜めていた手記が載っていた事。 

かなりの読書家でもあったとの事でどこか詩のような文章で内容は音楽に関することから世間への風刺等20年経った今でもハッとさせられる内容ばかり。。 
それと同時に今まで他人からの言葉でしか知れなかった「大村憲司」という人となりを本人の言葉に触れる事で少し理解出来た気がします。    
音楽に関する知識、理解は想像以上に深く幅広く、本当に音楽をギターを愛していたんだなぁと。   
音楽に限らず本や映画、音楽以外の芸術もとありとあらゆる事に関してもかなりの知識があったようです。
その反面、巻頭にも綴られているように頭が良すぎた事で色々としんどかった事も。。。 
 当時でここまで先の事が見えていたならそれはしんどかっただろうなぁ。。。   
何だか色んなものが重なって読んでて泣けてきます。

しかし、亡くなって20年も経つ1人の人間がこうやって未だに皆んなから愛されて本まで発売されるというのは本当に凄い事です。 
そして僕のようなリアルタイムで知らない人間にも広がっていけば素敵な事ですよね。
 誰もが認める演奏、そして数々の逸話を残しながら(笑)も最終的には周りから愛されている人間性が成せる技なんでしょう。


今の20代だと(30代も??)知らない人が大半かも知れませんが、憲司さんを含め特にこの辺りの世代の人達(大貫妙子矢野顕子坂本龍一細野晴臣高橋幸宏山下達郎加藤和彦井上陽水村上秀一etc)はトンデモナイ強者揃い。   
今のような情報が無いながらも、常に海外に目を向け。日本を背負って海外と本気で戦おうとしていたのです。 
 特にライブ音源なんかを聴くとよくわかりますが、最初から最後までのあまりの気迫に聴いてるこちらの背筋も伸びてしまうほどですよ^^;)   
もし、僕と同世代かそれよりも若い人で知らない人がいたら先ずは聴いてみてください。現代に失われた何かに気づけるはずです。    
それ故に後々しんどくなってしまった人も多いのは事実ですが。。。

今回の本で憲司さんのひととなりを知れた事で強く感銘を受けてより憧れの存在になりましたm(_ _)m        

興味のある方は是非、オススメの本です!!
 

   

写真で振り返る徳島遠征〜!

最近ご一緒させてもらっているENVIE(http://www.envie-official.com)さんのライブで徳島へ行って来ました!    

今回は地元の方々の多大なるご協力もあり、4会場5ステージという一日なのに大ボリュームな遠征になりました笑  

f:id:rockn-guitar:20170204083536j:image

先ず京都駅前からバスに乗車
f:id:rockn-guitar:20170203002422j:image 

そして

明石海峡を渡り
f:id:rockn-guitar:20170203002906j:image 

途中少しトイレ休憩(まさかのサービスエリアがファミマで少しテンション下がりました笑) 
f:id:rockn-guitar:20170203003000j:image 

大鳴門橋を渡り(ミニ渦潮??(^^;;)
f:id:rockn-guitar:20170203003041j:image  

徳島到着! 
f:id:rockn-guitar:20170203003457j:image 

バスの終着点は徳島駅
f:id:rockn-guitar:20170203003517j:image 

京都を出てから約3時間ほどの旅でしたが意外とバスの中も快適で、身構えてたほど移動のストレスはなかったですm(_ _)m 

そして移動〜 

徳島初の食事はMOTOYAMA HOUSEというカフェ
f:id:rockn-guitar:20170203003716j:image 
ベーグルがオススメとの事で 
f:id:rockn-guitar:20170203003835j:image 
こちらなんと「小倉チーズ」  
そう、あんことチーズの異色とも思えるコンビでしたが、これがまためちゃくちゃ美味しかったのです!!   他にもいくつか種類がありどれも美味しそうだったのでまた行きたいなぁ^_^
 
さて食事を終えて1つ目の会場へ
古い長屋を改装して雑貨屋さんとして営業しているnagaya.さんf:id:rockn-guitar:20170203004134j:image  
住宅街に突如現れた建物ですが、外観だけでも絵になる素敵な場所でした!

f:id:rockn-guitar:20170203004245j:image 
中はこんな感じ 
f:id:rockn-guitar:20170204083832j:image 

お店のスピーカーがスワンで
f:id:rockn-guitar:20170204083856j:image 
こちら全然知らなかったけど、後から調べたらなかなかトンデモナイモノだった(^^;)   
もっとちゃんと音聴いておけば良かったなぁ。。。   

写真からも伝わるように開放感のある素敵な空間でした!


続いては商店街へ移動して
  
f:id:rockn-guitar:20170204084253j:image  
francis/Re:Tiger
f:id:rockn-guitar:20170204084336j:image 


はい。。。

見ての通りオシャレな服屋さんですね笑 
 
流石にこのシチュエーションは初めてでしたが、並んでる商品の生地が良い感じで吸音してくれるのか先ほどとはまた違った不思議な響きで面白かったです^_^   


まだまだ続きます!

近くのチュロス専門店で軽く休憩して〜

三軒目はこれまたオシャレな雑貨屋さん que! 
実はここは2月1日OPENということで、1月31日の時点ではまだ開いてません笑 
ですが、プレオープンという形に便乗して特別に演奏させてもらいましたm(_ _)m    

f:id:rockn-guitar:20170204085412j:image  
もともとは倉庫だったような場所なのですが、これまた見事なリフォームで素敵な空間でした^_^ 
床の材の影響なのかこちらもまた独特な響きが心地よかったなぁ!      

そして遂に最後の会場 光陽眼鏡店へ!
えっ? 眼鏡店?   
流石に最後はライブハウスとかでしょ??
ってなるのですが。。。笑  

こちらもまたとても面白いお店で普通に眼鏡屋さんなのですが、今回演奏させてもらった二階のサロンスペースや、三階のホール?を使って時おりコンサートを開催しているらしく過去にはペトローズの長岡亮介氏、orange pekoeなども演奏しているそうです! 
f:id:rockn-guitar:20170204091321j:image 
 
お店の雰囲気も素晴らしく、ここもまた独特な響きで気持ち良かったなぁ!
こちらは何と30名を越すお客さんに来て頂けて満員の中で徳島最後の演奏を締める事が出来ましたm(_ _)m    
 
今回旅行も含めて人生初の徳島でしたが、本当に素晴らしい経験をさせてもらう事が出来ました。
お世話になった関係者の皆様、来て頂いたお客さんも本当にありがとうございました!!    
また行きたいなぁ〜!
今度はゆっくり。。笑  

番外編 
 
最後のライブを終えての打ち上げでの鯛塩ラーメン
f:id:rockn-guitar:20170204101807j:image 

そして帰る直前に行った海鮮系の定食屋で食べた炙りサーモン丼。これは丼はもちろん味噌汁のワカメも絶品でした!
f:id:rockn-guitar:20170204101904j:image

今回お世話になったuchincuというゲストハウス。 普段から皆んなで集まって演奏したりもしてるらしく機材沢山でした^_^
f:id:rockn-guitar:20170204150539j:image  

打ち上げ終わりで今回沢山お世話になったあおやまさんとJIRO's BarというミュージックBarへ
f:id:rockn-guitar:20170204150851j:image 
Barと言いながら店内はほぼライブハウスでした笑
f:id:rockn-guitar:20170204151140j:image 

徳島では阿波踊りが有名ですが、年2回ジャズフェスも開催されてるのでそこら中にこういうお店があるらしく↓↓みたいな素敵な看板も!
f:id:rockn-guitar:20170204151205j:image

専門学校の先輩で現在は徳島在住の宮野さんがライブ見に来てくれました^_^ 
f:id:rockn-guitar:20170204151320j:image

そして帰りバス乗り場まで行くタクシーが捕まらなかったのでヒッチハイク
f:id:rockn-guitar:20170204150629j:image 






。。。嘘です笑


【終わり】



テナーウクレレ KALA KA-KTGE-C購入〜♪

先日、KALA製のテナーウクレレ KALA KA-KTGE-Cを購入しました! 

 
以前からコンサートサイズのウクレレは持っていたのですが、ライブでも使えるテナーのピックアップ付きを!と思い購入m(__)m 
 
今回もamazonさんにお世話になりました笑 
f:id:rockn-guitar:20170125234230j:image 
箱を開けると。。。
f:id:rockn-guitar:20170125234823j:image 
 
f:id:rockn-guitar:20170125234854j:image   
今回購入したのはハワイアンコアを使ったモデルなんですが、写真で見るよりカッコいい^_^ 
値段の割に高級感もあり良い感じです!
 
そしてヘッドの裏にあるようにこちらの製品はMade in INDONESIA   
f:id:rockn-guitar:20170125234941j:image 
インドネシア製の楽器には今まで触れる事無かったのですが、これまたビックリするぐらいに細かい所までしっかり作ってあります。 
ハイフレットのピッチも悪くないですし、フレットの処理等も素晴らしいです! 
 
さらにはソフトケースとはいえ付属品でケースも付いてきます。 
そして上記の通り簡易のプリアンプ付きのピックアップ&チューナー付き 
これでこの値段はかなりコスパ高いと言えるのでしょうか??
 
紹介がてら弾いてみた動画載せたので気になる方は参考にどうぞ^_^  
↓↓ 
生音

youtu.be

ピックアップ〜ミキサー〜スピーカーから出した音

youtu.be

 
今年はライブでもウクレレ活用していきます!!
  
ちなみに早速明日のライブ↓↓でも使います笑 
f:id:rockn-guitar:20170126231336j:image