読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Guitarist 六嶋啓太のblog

関西を中心にギタリストとして活動中。 Blogでは気になる事を中心に書いてます。レッスンもやってます。お問合せは→12345rockn.guitar@gmail.comまで

子供は人の事をよく見ている。。

先日、小学校低学年の子のレッスンの時の出来事なのですが。。。

レッスン中、椅子に座る姿勢があまり良く無かったので楽器を弾くに当たっても良く無いですし、一応ここは【先生】として注意したのです。   

そうすると「分かった」と言って素直に正しい姿勢に座り直すのかと思いきや、足をわざとクロスした状態で座りました(^^;)     

こういう感じ↓↓
f:id:rockn-guitar:20170420195212j:image   

一瞬「??」となったのですが、もしかしてと思い自分の事を見直してみたら見事に自分の足がクロスしてるんですね笑 
正しく座りなさいと言ってる自分がクロスしてたら子供も真似してそうなるのは仕方のない話(^^;)


子供にとっては【先生】とはそういう存在なのかと改めて感じた出来事でしたm(_ _)m
これからは気をつけないと。。



VOX MV50 cleanを試奏してきました!

何かと話題のVOX MV50  

 
本格的に購入を検討しているので、本日楽器屋で試奏してきました!
f:id:rockn-guitar:20170419220948j:image  
MV50には CLEAN、 ROCK、ACの三種類がラインナップされており今回は店頭にあったCLEANをお試し。
 
写真を見てもらえば手との対比で分かるように嘘みたいに小ささながら50wの出力を誇り本格的なライブ、レコーディングでも使用可能なこちらの商品。 
 
事前にYouTube等で情報チェックしてからだったのである程度の期待はあったわけですが、実際に弾いてみると想像の遥か上をいく素晴らしいtubeサウンドがキャビネットから飛び出して来ました!   
これは本当に凄い!!
ギターアンプの革命ですねm(__)m   
 
以下YouTubeの参考動画↓↓ 
Officialの映像

m.youtube.com

小田和正band等でも有名な稲葉さんによるレビュー
 
 
今回試奏して気づいた良い点をいくつかあげると 
 
・先ずは上にも書いたサイズの異常な(笑)小ささ。   
ライブハウスでキャビネットを借りる前提でだとこれだけ持っていけばいつでも同じサウンドが出せるという安心感をこの手軽さで得る事ができます。そしてNutubeという新開発の技術のおかげでメンテナンス不要、かなりストレスフリーです。
これならツアーを繰り返すバンドマンとかにとっては安定したサウンドかつ機材車の大幅なスペース確保に役に立ちそうですね!    
 
・そして肝心のサウンドが素晴らしい
信じられないですが本当に真空管アンプの音がします。
今までこの手のアンプはデジタルモデリングが主でそれはそれで良い線いってるやつもありましたが、やっぱり最終的に真空管じゃないととなるわけなんです。。  
ところがこいつはその音が(というかギタリストが好みそうな音が笑)このサイズでしてしまってます笑    しつこいようですがこれは革命ですm(_ _)m     
 
 
・そしてサウンドメイクの幅が広い
今回ラインナップされている三種類(clean ROCK AC)それぞれに特色があるわけですが、今回試奏したcleanはfender ampのそれをもとにしているサウンドが出力されます。
だったらfenderで良いんじゃない?という意見も勿論ありますし、実際全く同じではないのですがギターアンプの基本ともいえるサウンドをこのサイズ感でこの値段で出るようにしてしまったのは大きな罪ですね笑  
そして何より基本のサウンドが失われない中でのEQの効き具合も素晴らしく、直感的なサウンドメイクが可能です。
あとは裏面にあるdeepスイッチ、こちらをonにすると低音を足すようなイメージでしたが、これをうまく使えば箱モノ系のギターともjazzyなサウンドにも相性抜群な気がしました!
そしてもう1つ裏面にある出力コントロールスイッチ。これが秀逸で流石に楽器屋の試奏では全てをフルアップしたサウンドは試せないので出力を半分に落とした上でvolumeをフルにすると真空管に負荷をかけた見事に気持ちいいドライブがかかります。
これがとてつもなく気持ち良い音で時間を忘れて弾いてしまいそうだったのですぐに自制しました笑 
 出力を落とす事で周りに迷惑にならない程度の音量でかつ真空管をドライブさせたサウンドが楽しめるので、自宅でも簡単に真空管アンプがナチュラルに歪んだ音を適切な音量で楽しめてしまうという事ですね。 
いやぁ、これは売れるでしょ笑  
 
ほんの10分ほど触れ合っただけでここまで心奪われた機材は久しぶりです笑     
しかし、こういうのが出てくるとvintageと新しいのの間の中途半端な存在はますます淘汰されていきそうですね(^^;)
というわけでまた購入したらレポートしますm(_ _)m
 
 
最近は音楽ビジネスの不振を始めとして楽器が売れないと嘆かれる中でも、VOX(KORG)や先日上場したZOOMといったメーカーは常に最新の機材の開発にチャレンジしてる印象があり本当に素晴らしい事だと思います。 
 何かと風当たりの良くない楽器業界ではありますが、こういうメーカーにはこれからもずっとこのまま続けていってもらってまたここに刺激を受ける新しい世代が続くと楽器を販売する側も演奏を楽しむ側も良い環境になっていくんじゃないかなぁ^_^
 
 
 
 

ちょっとだけサウンドメッセ2017へ!

昨日は関西での数少ない楽器の祭典「サウンドメッセ2017」へ!
f:id:rockn-guitar:20170417093651j:image  
レッスン終えてから向かったので到着したのは二日目(最終日)の終了二時間前(^^;)       

時間も無いのでサクサクですが、雰囲気を堪能してきました!

入り口すぐはこんな感じ
f:id:rockn-guitar:20170417093928j:image  

すごい数のギターが。。。
ギター好きの天国?ですね笑 
f:id:rockn-guitar:20170417094010j:image 

一昨年に行った時はアコギオンリーだったと思うのですが、今回はエレキ系のブースもありました! 
(実際に試奏も出来るのですがそれが故にブースで認められたデモ演の方だけじゃなく、一般客も同時に音を出すのでそれはそれは大変な状況でした。。。(^^;))
f:id:rockn-guitar:20170417094040j:image   

そして結果的にこれを見に来たと言っても過言ではないMartinのイベント 
f:id:rockn-guitar:20170417094140j:image 
以前から見たかった森恵さん、そして日本を代表するギタリスト小倉博和さんのトーク&ライブ。  製品紹介よりの内容かと思いきやお二人とも普通のライブ位に演奏がメインだったので楽しめました^_^     

森恵さんは以前からCDを聞いていて生で聴きたかったシンガーソングライターのうちの1人だったのでこのタイミングで聴けて良かったです!   
当日会場で自ら試奏し選んだというMartin二本を使い分けての演奏、森恵さん自身ギターが上手いのでどちらも素晴らしいサウンド!   
やっぱり歌う人のギターは素晴らしい!!
ただ、音響の方でポジションによってハウリ気味だったのが少し残念でした(^^;)       

そして、小倉博和さんの方は戦前に制作された貴重なMartin&クラプトンがアンプラグドで使ったものと同じ年式のMartinの 甲乙つけ難いダブルMartinを用いて自身のオリジナル曲を演奏。 
プレイが素晴らしいのは言わずもがな。。
素晴らしい楽器+達人=素晴らしいサウンド が出ないわけもなく、非の打ち所がないとはこの事ですね笑    
本当に良い音でしたm(__)m

森恵さんの音も小倉さんの音もそうですが、こうやって良い音を実際に体感しておくと今後自分で研究する時にも凄く役に立ちます^_^    
 

そして、先日もお世話になった大知さんの出展ブース 「Perform art of Music」に立ち寄り、こちらではあると便利なグッズを販売されていたのでギターを弾くクロス&小物入れを購入! 
ちゃっかり写真も撮ってもらいました^_^ 
f:id:rockn-guitar:20170417191629j:image


そして最後は前から気になってたkainaというネイルケアグッズのブースが出ていたので少し寄ってみました!     
こちらはソロアコギストにはおなじみのスカルプだったり付け爪的なのに頼る事なく、保湿等のケアをしっかりしてあげる事で強い自爪を作って弾きましょうというコンセプト。
なんでもフラメンコギタリストの沖仁さんも愛用中だとか^_^   
もともとは爪に悩む人を対象にしたネイルサロンのお店が出している商品だそうです。

ブースでは専門のスタッフさんが待機して爪の無料診断やってたので少し見てもらったのですが、今までほとんど気にした事なかった爪に関して少し怒られながらw事細かに教えてもらえました!    
今の状態が壊滅的だからもっと良くなるという店員さんの言葉を信じてネイルケアグッズ(ベースコート、保湿剤)をしっかりお買い上げ!笑
これは結果出るのに少し時間かかるようなので
とりあえず無くなるまでやってみようと思いますm(__)m   
  

というわけで 二時間ほどの短い滞在でしたが
f:id:rockn-guitar:20170417192013j:image
小物も購入出来て意外と充実のサウンドメッセ2017終了ですm(__)m



帰りはATCコスモスクエア駅まで徒歩で向かいます!まぁ、何もないんですがこの辺りの雰囲気個人的に好きなんです^_^  
  
f:id:rockn-guitar:20170417192643j:image  
f:id:rockn-guitar:20170417192701j:image 
f:id:rockn-guitar:20170417192713j:image 
f:id:rockn-guitar:20170417192731j:image 
f:id:rockn-guitar:20170417192741j:image
夕焼けばかりでごめんなさい笑






神鳴ケーブル(KAMINARI Cable)vs BELDEN8412 アコギ シールド

少し前にアコギ用にとこんなケーブルを購入。

 
神奈川県にあるメーカーKAMINARI GUITARSの神鳴ケーブルです。
f:id:rockn-guitar:20170414205138j:image  
 
ここしばらくアコギ用のケーブルはBELDEN8412を愛用しておりそれで落ち着いていたのですが、少し前に大阪の某ライブハウスでこちらのケーブルを試してからずっと気になっていて今回やっと購入に至りましたm(__)m 
 
こちらのKAMINARI GUITARSは 
先ずはコンセプトが素晴らしいのです
↓↓
 
【KAMINARI GUITARSは、大量生産・消費社会で失われつつある、ひと手間もふた手間もかけて作られていた優れたモノを、これまでの歴史、現代の技術や知識、それらを融合させて新しいモノとして誕生させていきたい、という基本姿勢がコンセプトとなっています。そして全ての製品をUSA製・日本製のみにこだわり「高品質な物を適正価格で提供する」事を常に考え、製作しております。
50年代・60年代に欧米が創った楽器は本当に優れたモノ達であり、そこから素晴らしい音楽が数多く生まれたことは周知の事実ですが、70年代に入ると日本の技術力が欧米の楽器に非常に大きな影響を及ぼしていることは意外に注目されていない事実です。
日本には昔から「ひと手間かける」という文化がありますが、KAMINARI GUITARSではそのひと手間を惜しまず、たとえ見えない部分であってもその意識を強く持って商品を創っています。
それが「旧き良き時代のモノを現代に供給する」ということであり、「粋=カッコイイ」に通ずるものと信じているからです。】 
  
古き良きを大事にしつつも良い商品を適正価格で。。。
当たり前のようで実は実現がとてつもなく難しいと思われる内容ですが、今回取り上げるケーブルもそのコンセプトに乗っ取って、完成度が高い素晴らしい商品です。
 
僕自身、自作のケーブルもよく使うので特に感じるのですが、手に取ると作業の丁寧さや細やかなこだわりが随所に散りばめられているのが伝わってきます。 
f:id:rockn-guitar:20170414211934j:image 
 
 
肝心の音の方ですが、もともと愛用していたBELDEN8412との比較動画を作ったのでご確認ください(イヤホン、ヘッドホン推奨)
いかがでしょうか?
聴感上はエレキで言うところのクリーンとオーバードライブのような変化はありませんが(笑)、弾き手の印象としてはトランジスタ真空管アンプの弾き心地の違い位の変化がありましたm(__)m 
 
どれだけピックアップにこだわってもラインを通す事で平面的な音になりがちなアコギですが、このケーブルを通すとピックアップが拾ったその立体感を失わずにそのまま出力してくれるような印象です!    
これは体感して頂かないと伝えられないのでもし、これを見て興味を持った方は是非試してみてください^_^    
この価格帯だとかなりオススメです!
 
ちなみに。。。
先ほどトランジスタ真空管の違いのようだと例えましたが、時と場合によってトランジスタの方が良い時もあるのが音楽の面白いところ(^^;)  あとは使用ギターや編成など色々な要素が絡んでくるので。。。
もともと使ってたBELDEN8412も含めこれからはアコギ用ケーブルの選択肢の1つとして上手く選択していけたらと思います^_^
 

xotic EP Boosterのある時ない時

ものすごーく今さら感のあるペダルですが(笑)xotic のEP Boosterを最近入手して使ってます!

f:id:rockn-guitar:20170412134049j:image
 
こちらは数々の名ギタリストが愛用したと言われているエコーブレックス(ディレイみたいなもの)のプリアンプ部分を再現したという一品。
どうしてプリアンプ部分のみを再現したのかというと、エコーブレックスという機材はディレイ的な効果を狙うだけではなく、そいつを通すだけで音が太くなるらしいのです(実際に触った事はないのでらしいとしておきます(^^;))   
 
 というわけで美味しいとこだけを再現したEP Boosterですが、写真を見ても分かる通りツマミは1つのシンプルイズベスト!!
Gain/Volumeが変わっていくのですが、ONにする事で中低域が持ち上げられて、さらに原音に多少の歪みが足されていくようなイメージです。
ただ、歪みといってもペダル単体では歪みを作るというところまでは歪まないのが面白いところ。
この絶妙に足される歪み具合というのがとても心地よく、ギターサウンドにおいて絶対的に必要な歪みとも言えると思います。
バンドに入ったらマスキングされる位だけど無いと物足りない歪み、こいつを使う事で手軽にそういう音を得ることが出来るのです。
 
 
 というわけでいつものごとく比較動画を↓↓  
 
こちらは画像の位のツマミのセッティングですが、微妙な変化(少し前に出てきた感覚)を感じて頂けるのではないかと思います。  
オーバードライブペダルを踏むまではいかなくてあと一歩前に出たいという時など「あと少し!」って時に便利ですね!  
 逆にバッキングなどでも常時ONにしてて引きたい時OFFにするなどの使い方も!     
 
勿論手元のコントロールも重要ですが、それとはまた違った押し引きを可能にしてくれるEP Booster これから大活躍してくれそうです^_^ 
 
 
 

観光地京都でのオススメ移動手段!

先週末、最近よくご一緒させてもらってるENVIEさんもパフォーマーとして出演している夏木マリさんの舞台「印象派NEO vol3 不思議の国の白雪姫」を見に行ってきました!   

f:id:rockn-guitar:20170404203421j:image 
f:id:rockn-guitar:20170404203458j:image 

ほぼ全編に渡りセリフ無し。
身体表現のみでストーリーを展開していくというかなり前衛的な内容でしたが、だからこそ一挙手一投足に集中して見るので普通の舞台とはまた違った楽しみがありました^_^      

実は全体を通して夏木マリさんの登場シーンというのはそう多くは無いのですが、その存在感は本当に凄まじく一瞬で全てを持っていかれます。   
以前井上陽水さんのライブを見に行った時にも感じたのですが、物理的に舞台の位置は遠いのですが何故かそこから飛び出して目の前で歌ってたり演技されてるように感じるのです。
人に伝えるってこういう事なんでしょうね。 
舞台って普段なかなか見にいく機会も無いのでいい経験になりました^_^  



さて、タイトルにある移動手段について。。
ホールへ向かう際に開演時間が迫っていたのでタクシーを拾おうかと思っていたのですが、この時期の京都は観光客でごった返しそう簡単にタクシーが捕まるわけもないです(^^;)  
しかし、刻一刻と時間も迫るので少しでも劇場に近づこう歩いて向かってる途中でこんなものを発見。。
f:id:rockn-guitar:20170405121741j:image 
そうレンタサイクルです笑   
 
まさか三条にこんなものがあるとも思ってなかったので考えてなかったのですが、見つけた瞬間即決!  1000円/1 day なので今回のような最低限の移動だと少し高いかもですが一日中使うと考えるとかなりお得かと^_^  
渋滞に捕まる事も無いですからね!
 
f:id:rockn-guitar:20170405122044j:image 
しかも今回の愛車は電動自転車なので移動も快適!   
 
自転車だと歩くのとはまた違った魅力を感じられる気がするのでオススメですm(_ _)m


今思えば青春の一枚「ソルファ/ASIAN KUNG-FU GENERATION」が再録されて発売されていた

こんな動画を見つけました 

アジカンが10年以上前に出したアルバム「ソルファ」を再録音して発売したらしい。
 
特別にファンというわけでは無かったのですが、高校生の頃のコピーバンドのレパートリーに何曲かアジカンの曲があったこともあり、未だに曲と曲の間まで鮮明に覚えてるぐらいに当時はソルファというアルバムをヘビーローテションしてたみたいです。
ちょうど世間にアジカンが認識されてきたぐらいのタイミングのアルバムですが、シングル化されていないものも含め楽曲のレベルが高くアルバム通しても飽きずに聞けます!
 
それが10年以上経ってこのタイミングでの再録。  
しかもよくあるリミックス、リマスタリングでもなく同じ曲を弾き直し、歌い直しての再録音。
一曲だけならありますが、アルバム通してというのはかなり珍しいのでは??
 
早速Apple Musicで確認しましたが。。。
 

これは凄いです!!  

同じ曲でほぼ同じアレンジなのでよく分かりますが無駄な所を削ぎ落とし、よりソリッドな方向へ。 バンドを続ける事の魅力に溢れた素晴らしいサウンドだと思います!   
結局はシンプルになるんですよね^_^ 

全体ももちろんそうなのですが、ギターサウンドに関しても今聴くと当時との差は歴然!  
一曲目の振動覚の一音目から笑っちゃう位に違います! 笑
技術的な進化もして楽曲としての深化もしている。。。 
これは個々の技術だけでは出せない長年続けたバンドの強みなんでしょうm(_ _)m
 
 
他のバンドでもこういった手法取り入れてやってもらえないかなぁ〜^_^   
   
というわけで今日の移動中はソルファ
2016ver聴きます笑