読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Guitarist 六嶋啓太のblog

関西を中心にギタリストとして活動中。 Blogでは気になる事を中心に書いてます。レッスンもやってます。お問合せは→12345rockn.guitar@gmail.comまで

少し面倒くさいけど、iPadで手持ちのオーディオインターフェイスを使う方法

 

数多くの便利過ぎるアプリの普及で無限の可能性を感じさせるタブレット端末ですが、そんな中ギターや音楽制作に関するアプリ(チューナーや音楽制作ソフト、ギター用プリアンプ、シンセサイザー。。etc)も多くリリースされてます。

 
現在、愛用中のBIASのアンプシュミレーターアプリ。
僕はギター接続用の簡易インターフェースを使って使用してます。
しかし、iPad上では快適なのに他との接続がイヤホンジャックのみという拡張性能ゼロな状態です笑  
 
これは不便だなぁと思い色々調べてるとiPad対応のオーディオインターフェイスも幾つか販売されているみたい。
しかし、これだと今あるのから買い換えないといけないのでそこそこの出費が。。(^_^;)   
他に何か方法が無いかと 色々調べてた所こんなサイト→http://hitoriblog.com/?p=27078
を見つけまして、これはオーディオインターフェイスにも応用出来るのでは?と思い試してみました(^_^) 
 
 
 
f:id:rockn-guitar:20150909212717j:image
まず用意するのはiPad本体(今回は所有しているiPad miniです)とLightning→USBに変換するコネクター(純正品)そしてオーディオインターフェイス
 
先ずは試しにこの状態でコネクターでUSBに端子を変換しオーディオインターフェイスを接続!
f:id:rockn-guitar:20150909213038j:image
 
すると。。。。
f:id:rockn-guitar:20150909213156j:image
 
このような表示が出ます。本来ならパソコンに接続してパソコンからの電力供給を受けて動作しているものなのでiPadの微弱な電流だと動作出来ないのです(^_^;)  
 
そこで登場するのが
f:id:rockn-guitar:20150909213339j:image  
セルフパワーのUSBハブ(今回使用するのは1000円程度のもの)
こちらはバスパワーのUSBハブと違いアダプターを使用する事でそこから電力を得ているのでHUBの動作をパソコンからの電力に頼りません。
という事はiPadで足りなかった電力を補ってくれるのか??
という事で接続!!
 
 
f:id:rockn-guitar:20150909213544j:image
おお!!  
先ほどの間にUSBハブをつなぐ事で見事にオーディオインターフェイスiPadにつなぐ事に成功!
 
そしてガレージバンドを立ち上げギターを録音してみましたがバッチリ録音されてます(^_^)   
もちろんアンプシュミレーターも!
 
オーディオインターフェイスが接続出来たという事は入出力が充実するので出先でマイク等を繋いで録音も可能という事に!   
これはパソコンよりも省スペースでちよっとした出先の用事に活用出来そうです!   
 
というわけで少し面倒くさいけどiPadで手持ちのオーディオインターフェイスを使う方法でしたm(__)m