読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Guitarist 六嶋啓太のblog

関西を中心にギタリストとして活動中。 Blogでは気になる事を中心に書いてます。レッスンもやってます。お問合せは→12345rockn.guitar@gmail.comまで

八神純子 with後藤次利 "The Night Flight 3"

5月19日 八神純子 with後藤次利 "The Night Flight 3"

 f:id:rockn-guitar:20160520132905j:image
を見に行ってきました!
f:id:rockn-guitar:20160520132857j:image

バンドメンバーは後藤次利さんを中心とした日本の大御所とも言える御三方。 
そして 前回のツアーから故 松原正樹さんに代わり参加されてるギタリストの松野"Kay-ta"啓太さん。   

今回のライブはNight Flightというタイトルにもある様に、世界を飛行機で旅行しながら色んな国の音楽に触れていくというのをテーマにしたライブだそうで、昔からのファンが喜ぶオリジナル曲だけではなく、各国の雰囲気を感じられる洋楽の名曲のカバーも随所に取り入れられていて僕のような八神純子初心者(笑)でも充分楽しめる内容でした^_^   
何しろ八神純子さんがよくメディアに出演されていたのは僕が生まれるだいぶ前ですからね(笑)
「水色の雨」や「パープルタウン」といったヒット曲位しか知らなくても楽しめる内容で良かったですm(__)m    

ライブを見てまず驚いたのが年齢を感じさせないその歌声。 しっかり伸びて艶がある。 
勿論、ボーカリストとしての存在感も凄まじくバンドを従えて歌う様は最近では少なくなったボーカリストとしてあるべき姿を体現していたと思います。

さらに、MCでも話されてましたが今回のライブ 東京〜名古屋〜大阪とツアーを進めてきたのに最終地の大阪でより良くするためにアレンジを変更したという事だそうで。。
プロとしては当たり前なのですが、常に前を見て全員でベストを尽くす姿勢に感銘を受けました。
 

今回もう一つのお目当てはバンドの演奏。
佐藤準    

名前を聞くだけでも背筋が伸びそうな日本の音楽を作ってきたと言っても過言ではない方々ばかりですが。。      
一つ一つの音がはっきりと意味を持ち、かつ常に周りの音に気を配り、変化には迅速に反応し、最適な音色を最適な音量で。
言葉にすると当たり前の事のようですが、結局これが一番難しいのだと思います。
そういった事を極めて高い次元で当たり前に繰り広げていくのが一流と言われる所以かと。
曲によってはっきりと色、匂い、風景が見えてかつ歌をより際立たせる本当に素晴らしい演奏でした。

そして、今回のもう一つのお目当はLAから来日しているギタリスト松野 "Kay-ta"啓太さん。
(奇しくも啓太という字が同じですが^_^;)

この方はまだ日本での知名度は低いかもしれませんが、LA在住の日本人ギタリスト。
Quattrosoundというバンドでラテングラミーアワード最優秀新人賞にノミネートされたり、最近ではTOPのGreg Adamsのバンドに参加されてたりと海の向こうで大活躍されている方です。   
近年では松野さん以外にも、LAの有名なTVshowのホストバンドをやりつつ、自身の活動や日本では矢沢永吉さんのツアーにも参加されてる Toshi Yanagiさん、そしてchaka khanstevie wonderのバンドにも参加しているyohei nakamuraさんなど。。。etc   
海外で活躍する日本人ギタリストも増えてきました。     

なんだかんだ言ってもやはり現代のPOPSのルーツはアメリカ発祥であるのは間違いないわけで、そこで生活して、演奏している方には日本だと感じられない空気があります。  
松野さんのプレイからもそんな空気はヒシヒシと伝わってきました。

僕の座席からは残念ながらギターが遠かったのですが。。(しかもグランドピアノの蓋に隠れて弾いてる姿はほとんど見えないという笑) 
何とか確認した所、エレキはテレキャスと少しのペダル(&K laboratryのペダルを使われているようです)とfender amp  あとは数曲でgodanのようなガットギターを使用という極めてシンプルなセッティング。 
ほぼ手元の調整のみでクリーンからハードなディストーションまでをコントロールしていて、
日本ではなかなか見ることないソリッドさとかつ優しさを兼ね備えた演奏で一気にファンになってしまいました(^_^)  

しかも、コーラスも抜群にカッコ良くて言うことなし!
特にプリンスのパープルレインでのギター&コーラスはカッコよすぎ(^_^)  

期待以上のスーパーギタリストでしたm(__)m


やっぱりこういうレベルの演奏は定期的に触れておかないとなぁと思います。
お金はかかるけど。。。^_^;