Guitarist 六嶋啓太のblog

関西を中心にギタリストとして活動中。 Blogでは気になる事を中心に書いてます。レッスンもやってます。お問合せは→12345rockn.guitar@gmail.comまで

ウクレレペグをギアペグへと交換 Famous FS-3

今回も頼まれ楽器改造シリーズ!笑
 
今回改造するのは国産ウクレレブランドの代表格でもあるFamousのFS-3というソプラノウクレレ

もともとはストレートタイプのペグがついているのですが、どうも最近ペグの調子が悪いらしくチューニングしてもすぐに狂ってしまうとの事。。。(中古で購入、長年放置されてたもののようです) 
まぁ、ウクレレの場合かなり繊細(大雑把?笑)な部分もあるのである程度は仕方ないのですが、確かに自分で確認してみてもなかなかなレベルで不安定な状態でした^_^;      

ペグ自体の調整での解決も考えましたが、その場では解決してもまたすぐに調子が狂う可能性もあるので今回は、よりチューニングがしやすいギアペグタイプに交換する事にしました!
 

では、早速作業スタート!!



先ずはもともと付いているペグを取り外します。
f:id:rockn-guitar:20160612100749j:image 
裏のネジを外して 


f:id:rockn-guitar:20160612100905j:image 
ブッシュを取り外し 
(これは裏側から何かしらの工具で押してあげると簡単に取れます!) 
 

f:id:rockn-guitar:20160612101224j:image 
裸になりました笑    


f:id:rockn-guitar:20160612101251j:image 
せっかくなのでこのタイミングでボディやヘッド、そしてフレットも磨いておきます。



では新しいギアペグを装着していきましょう!


今回使用するのは本体と同じくFamous製のF-1というギアペグ。
 某amazonにて同じような価格帯で他の選択肢もありましたが、今回は色々と信用出来るFamous製をチョイスしました! 
f:id:rockn-guitar:20160612100019j:image 


先ずは新しいペグのブッシュから取り付けるのですが、実はもともと付いていたものよりもサイズが大きくなるのでそのままでは入りません。。。^_^;   


というわけで、ここでテーパリーマという工具が登場です! 
f:id:rockn-guitar:20160612101724j:image 
こいつで新しいブッシュが入るくらいにまで穴を少し広げてやります。 
調子に乗って穴を広げすぎると後々やり直しがきかないのでここは慎重にm(__)m
一つ目でサイズの検討さえつけば、あとは簡単なので初めてでしたが意外とスムーズに終了笑 

f:id:rockn-guitar:20160612102103j:image 
そんなこんなでブッシュ装着完了!  
やはり新品なので綺麗です(^_^) 


あとはペグを本体に固定する為に裏側でネジ止めをしていきます!

もともと穴が開いていないところにネジ穴を開けて止めていくので真っ直ぐにネジを止められるか不安でしたが、木自体が柔らかいのもあり特に苦労もなくすんなりネジ止め完了m(__)m     ここが一番時間かかる気がしてたのですが意外と一瞬でした笑


というわけで作業完了です!
f:id:rockn-guitar:20160612102153j:image 

あとは弦交換してチューニング安定するまで弾いて完成!!(身構えてた割には作業全体で1時間もかかりませんでした^_^;)
f:id:rockn-guitar:20160612102424j:image 


ストレートからギアペグに変える事でペグ本体の重量の変化により音が変わるらしいですが、そこを犠牲にしてもチューニングのストレスから解放される事を考えると個人的にはこの改造はオススメですm(__)m

そして上にも書きましたが、木自体も柔らかく加工しやすいですし、工具もドライバー&テーパリーマーがあれば何とかなるので興味を持った方は是非チャレンジしてみてください(^_^)