Guitarist 六嶋啓太のblog

関西を中心にギタリストとして活動中。 Blogでは気になる事を中心に書いてます。レッスンもやってます。お問合せは→12345rockn.guitar@gmail.comまで

「家でやってきました!」

タイトルはレッスン始めたての生徒さんにたまに言われるセリフ。

何の事かというと、ずばり「チューニング」です笑   

 ギターという楽器は高かろうが安かろうがそもそも構造上チューニングが狂いやすい繊細な楽器です。 
ケースに入れたり運搬したりする中で少なからず外的な影響を受けて狂ってる場合がほとんど。。
 一応最初にそういう話はチラッとはするのですが、体験しないとなかなか分からないものですよね(^^;)

さぁ、これからレッスンを始めるという時にケースから出した楽器をチューニングする様子が無い場合は一応チューニングしたか確認するのですが、タイトルのように「家でやってきました!」とかもっと凄いのは「昨日やりました」という返答も!笑   

家を出る前に張り切ってチューニングしてくれたんかなと考えると努力を無にするようで申し訳ない気持ちになるのですが、そこは心を鬼にして(笑)
改めてもう一度チュー二ングしてもらってズレてるのを確認して理解してもらうようにしてますm(__)m  

僕自身も始めたての頃はチューニングが合ってるのか合ってないのかも分からずに弾いてましたが、周りに指摘されたり自分で録音して聞いてみたりで少しづつズレが分かるようになってきました。 
こういうのは日々の積み重ねなので面倒でも必ず弾く前に(直前に笑)チューニングする事をオススメしますm(__)m