Guitarist 六嶋啓太のblog

関西を中心にギタリストとして活動中。 Blogでは気になる事を中心に書いてます。レッスンもやってます。お問合せは→12345rockn.guitar@gmail.comまで

映画「LA LA LAND」若干のネタバレ有り

f:id:rockn-guitar:20170225085813j:image 
昨日は映画LALALANDを観に映画館へ!  
1ヶ月以上前から、現在上映中なんじゃないかと思うぐらいに色んなところで広告を見かけて気になり続けていたわけですが笑   やっと24日に公開されて鑑賞出来ました(^^;)      
本作は、田舎から意気揚々と出てきたもののオーディションに落ち続けて落ち込んでいた女優志望のミアと、小さなジャズバーで本来やりたかったものと違うBGM演奏を続けていたピアニスト・セバスチャンが出会うことでストーリーが始まるミュージカル映画
今作「LA LA LAND」は前作「セッション」で鬼才として世に認知されたデミアン・チャゼル監督が鬼才から天才へと評価が変化したと話題で、 アカデミー賞14部門にノミネートの世界的注目作品です!

前作セッションのどちらかと言うと暗い雰囲気から一転、鮮やかな映像や一発撮りにこだわったという大掛かりなセットを使ったシーンなど、随所にこだわりが詰まった見所沢山の作品です!  
 
本編は初っ端からこのシーンの為に3ヶ月のリハーサルをしてから臨んだというハイウェイでの大掛かりな映像から始まるわけですが、この時点でかなり期待感を煽られます^_^    
そのまま息をつく間も無くジェットコースターのように最後までストーリーが展開していき、あっという間の2時間でした!

それぞれのシーンで本物に拘ったという「歌」「ダンス」はもちろん、今回の主人公に欠かせない「ピアノ」の演奏シーンは全て本人よるものだそうで、楽器経験者が見ても違和感なく見られると思います!   ピアノだけならまだしも、歌やダンスもあってここまで仕上げてくるのは流石ですm(_ _)m  
そしてミュージカル映画で忘れてはならない音楽も素晴らしく、随所でストーリーを盛り上げていました! 
 
最後の一曲であったかもしれないもう1つの人生が表現されるシーンがあるのですが、個人的に何だか凄く響くものがありました。。 

最近は某テーマパークか?と思ってしまうぐらいに3Dだ4Dだと劇場が進化しているわけですが、今作はそういうところではなく、純粋な映画としての表現にチャレンジした作品のような気がしますm(_ _)m   
やっぱり映画はこうじゃないと!!
懐かしさくもあり新しい映画「LA LA LAND」オススメです^_^