Guitarist 六嶋啓太のblog

関西を中心にギタリストとして活動中。 Blogでは気になる事を中心に書いてます。レッスンもやってます。お問合せは→12345rockn.guitar@gmail.comまで

太った女性というモデル名のギター(Cole clark FL2-AC)

少し前ですが、縁があってこんなギターが仲間入り。

f:id:rockn-guitar:20170418155716j:image 
f:id:rockn-guitar:20170418155737j:image 

オーストラリアのメーカーCole clarkのFL2-ACというモデルです。 
海外だとジャックジョンソンをはじめとして数多くのアーティストの使用で有名ですが、日本には10年前位?に一度大々的なPRをして入ってきたもののその後、もう1つ認知度が広がらず長い間日本での存在感を失っていたメーカーです(^^;)   (最近また復活の兆しを見せてるような気もします!)

とはいえ、僕の好きなギタリストの方(今剛さんや古川正義さんも使われてますし、佐藤竹善さん等も愛用されてます)にはじわじわと広がり未だに愛用者が多いのも事実!   

ちなみに、最近のエレアコ部門ではGibson Martinの二大巨頭を超えたシェア率を誇ると言っても過言ではないTaylorがありますが、素直にそこにいけない自分もいたりしてます笑
 

実は今まではエレアコとして販売されているものには抵抗があり、後付けでピックアップを取り付けたものを使用してきたのですが、最近はありがたい事にアコースティックな演奏をする機会も増え様々な環境で演奏する中で見えてきたこともあったりして。。
そこで値段的な事も踏まえつつ自分の用途に合うものを探していたらちょうどお手頃な価格のを発見して購入に至ったわけです。   


というわけで今日までしばらく使ってみた感想を。。。

特にvocalの人と一緒にやる機会が大半である僕の場合、その楽器自身の持つ音色が良い悪いだけでなく、その人の声とのハマり方というのがもの凄く重要になってきます。   
今まで使ってたHeadwayももちろん良かったのですが、今回のFL2-ACという新たな音色を得た事でより選択肢が広がったのは凄く感じています。   

そしてやはりタイプの違う楽器に触れる事で音の出し方もまた全然違うのでこれまた勉強になりますね。  たまに楽器から怒られながら弾いています笑    

手元のプリアンプは3バンドEQ、ピックアップのブレンド、ボリュームとよくある感じですが、効きもかなり良いですよ!

今回エレアコというのはある意味で初めての購入だったわけですが、あらかじめピックアップが音を拾うの前提で作られたギターだからこそのサウンドの良さにも気づく事が出来ましたし、逆に今まで使ってたピックアップ後付けでのアコギの良さも再発見する事が出来ました!
このギターこれから大活躍してくれそうです^_^   


ただ、あんまり一本に偏りすぎて他のギターに嫌われないようにしないと笑