ある音楽家の日常

Guitar&Ukulele Playerとしての日々。 Lessonやお役立ち情報も発信中です。お問い合わせは→12345rockn.guitar@gmail.comまで

死なばもろとも/ガーシー(東谷義和)読了

 

ガーシー(東谷義和)さんという方は2022年に彗星のごとく現れ7月にはなんと国会議員に当選してしまうという前代未聞の存在。 

もともとは芸能ネタの暴露から始まっているので最初の頃は内容的にテレビには出ないであろうYouTuberという印象でしたが、あれよあれよという間に国会議員にまで上り詰めたことにより最近では連日地上波にも登場。 

さらには誰もが驚く人脈の広さにより大物芸能人を含め様々な方が彼に関することを毎日のように発言し、今や一日一ガーシーを目に耳にすると言っても過言ではないというくらいに影響力を持っている方です。


 そんなガーシーさんの著書「死なばもろとも」を読んでみました。 

この本は所謂「暴露」を主にしたわけではなく、どのようにガーシーという人物が作り上げられたのか?という過程が書いてあり、数々の修羅場をくぐり抜けてきた処世術が書かれています。
なのでジャンルはビジネス書ですかね??^^;
 
現在の存在も規格外ですが、多少の脚色を差し引いてもこれまでの経験も規格外(笑) 
 何度か死んでるのでは無いのか?と思わされるその壮絶な経験を経て今の彼があるのかというので納得です。  
 アテンダーという芸能人や一部のお金持ちにしか存在を知りえなかった裏方の存在を公にし、そこで得たあり得ない位に幅広いネットワークを駆使して情報を得て数々の暴露を繰り返す。。
 誰もが思っても言えなかった不平不満をあっけらかんと口に出し、しかも関西弁を駆使した圧倒的な話術で視聴者を魅了する。   
 これほど【令和のダークヒーロー】というのがしっくりくる存在がこれから出てくることがあるのか?というほどに突然変異なようで世の中の需要に絶妙にマッチしている絶妙なバランス。 
 
暴露の内容がどうこうというよりは良くも悪くもこんな人物が登場し、影響力を持ちまるで下剋上のように世の中になったというのが今日本という国自体の状態を表しているのかなぁと思います。


ちなみに個人的にはガーシー否定派ではなくむしろ色々と期待しています。 
 彼1人だけで全てのことがひっくり返ることはないかもしれないですが、こういう人が現れて世の中を引っ掻き回す。 コロナをキッカケに色々とボロが露わになった今の世の中を一度精算するそんな事が必要なのかもしれません。
 今や現象とも言える【ガーシー】の真実が書かれた本なかなかに興味深い内容でした!