Guitarist 六嶋啓太のblog

関西を中心にギタリストとして活動中。 Blogでは気になる事を中心に書いてます。レッスンもやってます。お問合せは→12345rockn.guitar@gmail.comまで

ほぼ◯ダルトレインだけど。。WARWICK ROCKBOARD

小型でなるべく軽くて、しっかりしてて使いやすくて。。とベダルボード、ケースに求める条件はたくさんあるのですが、最近まで自作のボード(ただの板です笑)を使ったボードを使ってました。  

 

しかし、最終的に面倒くさがりな性格の為、どうも自作のボード(板)に手間をかけられずあと一歩のところで完成形が見えないままでした。  

それならいっそ既製品を買おうと思い調べてみたのですが、ひと昔前に登場し一斉を風靡したすのこ型ボードのpedal train。。。。

みたいなやつが後追いでいくつか発売されてますね笑 

 

勿論、実績やレビューの沢山あるpedal trainが一番無難なのですが、ここは敢えて別のやつを購入してみます。 

 

そんな中でサイズ、機能、値段を考慮したところ、ベースで有名なWARWICK製のROCKBOARDという製品を購入する事に。

 

 

今回購入したのは一番小さなSOLOというモデル。

なんとこのお値段です↓↓ 

 

 

早速商品が到着 

f:id:rockn-guitar:20180224082302j:image 

 

裏はこんな感じです。

f:id:rockn-guitar:20180224084643j:image  

薄型のパワーサプライなら裏に収まるかと思いますがこの辺り購入検討する方はサイズ確認をオススメします。

 

マジックテープ、ロックタイ等が付属 

f:id:rockn-guitar:20180224084600j:image 

⚠︎ このマジックテープは少し頼りない印象だったので手持ちのやつを使用しました。   

 

実際にペダルを配置するとこんな感じです↓↓ 

f:id:rockn-guitar:20180225000055j:image 

 

早速演奏にも持ち出してみましたが、特に不具合もなくいい感じで使えてます!

f:id:rockn-guitar:20180225000223j:image 

 

使う機材量が↑↑これくらいの方にはちょうど良いのではないでしょうか??

 

ちなみにソフトケースの裏側にはこのようにギターケースに取り付けられるベルトが付いているのですが、これも少し強度的に不安がある感じだったのでそういう用途が必要な方はベルトを変えるなり対策は必要かと思います!

f:id:rockn-guitar:20180225000436j:image 

 

 

 とはいえ、ボード自体のクオリティは問題なく、値段的なこと等も考慮するとこのサイズ感を求める方にはオススメ出来るケースでした!