Guitarist 六嶋啓太のblog

関西を中心にギタリストとして活動中。 Blogでは気になる事を中心に書いてます。レッスンもやってます。お問合せは→12345rockn.guitar@gmail.comまで

手持ちの譜面台をiPadスタンドとして活用する方法

普段はiPad Proを楽譜表示に使っているのですが、紙と違って重量があるのでしっかりした譜面台じゃないと演奏中に譜面台が耐えきれずに倒れることがあります。。 

しかし、しっかりした譜面台はある程度大きくて重たいので出来れば持ち運びたく無い。。

 

最近はマイクスタンドに取り付ける用のiPadホルダーを使うことが多いのですが、そもそも僕のように歌わない人間からすると会場の基本のセッティングの中にマイクスタンドが無いので笑 借りられる会場だと良いのですが数に限りがあったりで用意出来ない可能性もあるわけです(^^;;  

さすがにその為だけにマイクスタンドを持って行くのも厳しいですし笑

 

 

そんな時に手持ちの譜面台を使っていい感じに対応出来る方法を見つけました! 

 

作り方は↓↓

 

先ずは手持ちの譜面台の首の部分を

f:id:rockn-guitar:20181009172411j:image 

 

取り外す

f:id:rockn-guitar:20181009172514j:image  

 

完成です笑 

f:id:rockn-guitar:20181009172624j:image

 たったこれだけの事なのにどうして気づかなかったのだろう。。(^^;; 

 

実はこの方法はとある先輩ミュージシャンの方がやっていたのを真似させてもらいました!  

 

 先にも述べているようにiPad Proともなるとある程度の重量があり持ち運びに便利な軽量な譜面台だとすぐに痛めてしまいます。(実際に写真の譜面台もネジが痛んでます(^^;;)

しかしこの方法だと痛みやすい首の部分を取り外しての使用なのでその心配もありません。 

高さも譜面台によりますが、ある程度までは調整可能ですし、しかもマイクスタンドよりも軽量、折りたたむとコンパクトに!   

何より手持ちの譜面台があれば0円で用意できます笑

(もし持ってなくても1000円程度で売ってます)

 

スーツケースにもぴったり収まりましたm(__)m

f:id:rockn-guitar:20181009173228j:image 

首の部分を外してもとよりさらに軽量化出来ていい感じです笑

 

取り外した先の部分は足をつけたりして卓上譜面台とかに改造してもいいかもしれませんね^ ^ 

 

野外で強風とかの場合は少し考えないといけないと思いますが普段使いにはかなり良いのではないでしょうかm(__)m