Guitarist 六嶋啓太のblog

関西を中心にギタリストとして活動中。 Blogでは気になる事を中心に書いてます。レッスンもやってます。お問合せは→12345rockn.guitar@gmail.comまで

ストレートだけどギア比は4:1(Gotoh Machine Heads)

今回はウクレレのお話です。

 

f:id:rockn-guitar:20180825075720j:image

もともとウクレレという楽器はこういう風にヘッドに対して直角に取り付けるペグの製品が標準でした(ストレートペグ)。

直角なので前から見たらペグ(糸巻き)が見えないのです。  

f:id:rockn-guitar:20180825075708j:image

 

もちろん弦を巻く事に関しては問題ないのですが、その構造上ギア比が1:1になるので微妙なチューニングを合わせるのが難しく、しかも少しでもペグを動かすとチューニングが大きく狂うので慣れないとなかなかに扱いが厄介。。 

まぁ、それがウクレレらしさになってる部分でもあるのですが(^-^;   

 

 

その後、改良が進み特にLIVEなどで使う事を考えて、ギターと同じようにギアの入ったペグが搭載される場合が大半です。 

f:id:rockn-guitar:20180825081135j:image 

こういうタイプですね。 

 

最近ではかなり安いウクレレでも精度は置いておいたとして、ギアペグが搭載されているのをよく見かけます。   

 

僕自身もしばらくギアペグ信者になりつつあったのですが、色々なウクレレの巨人達の動画を見てると最近なんだかストレートペグもカッコいいなぁと思うようになりまして。。笑 

 なんとかストレートペグでチューニングの安定を保てないかなと考えて色々調べたところ! 

なんと、ギア付きのストレートペグがあるではないですか!  

 

というわけで早速交換してみました! 

使用するのはこちら。

f:id:rockn-guitar:20180825081919j:image  

GotohのMachine Headsという製品。

 

取り付けるのは最初にも載せていた初めてのウクレレでも安心、国産のFamous FS-5です。

f:id:rockn-guitar:20180825075708j:image 

 

早速ペグを取り外します

f:id:rockn-guitar:20180825082127j:image 

 

f:id:rockn-guitar:20180825082146j:image 

 

実はこのままではMachine Headsが入らないので テーパーリーマーで広げます。

f:id:rockn-guitar:20180825082239j:image 

本当は何センチとか測ってキチッとやったら良いのでしょうが、面倒くさいので笑

入るまで削って入れてみて、を繰り返して装置完了!

f:id:rockn-guitar:20180825082517j:image 

f:id:rockn-guitar:20180825082534j:image 

 

弦を張って作業終了です。

f:id:rockn-guitar:20180825082559j:image

 

元のペグに比べて重厚な見た目なのに、適度に軽くてなんだか楽器としてのバランスが良くなった印象です!  

同時に弦を替えたのでハッキリとは分かりませんが、チューニングと一緒に安定感がかなり良くなって替えて正解でした^ ^  

 

ウクレレの相場から言うと少し高い目の商品ですが、見た目変えずに使えるウクレレに出来るので見た目にこだわる方には特にオススメしますm(_ _)m